酒の阿波屋
トップページ
新入荷商品
特設コーナー

焼酎リスト

日本酒リスト

梅酒リスト

国産ウイスキー&
ワインリスト

酒器リスト
&グッズ
実店舗
会社概要
飲料水リスト 飲食店様へ
無料でメニュー
作成いたします
お支払方法

送 料
メルマガ

蔵元訪問記
樽 酒 発送した商品
の追跡情報

銘酒館(有)酒の阿波屋  福岡県北九州市門司区清見2丁目16-27
あなたのかかりつけの
酒屋になりたい!
TEL注文(お電話でもOK)
093-321-3221
質問だけでもお気軽に。
営業時間11:00〜22:00
(電話受付11:00〜19:00)
月曜と第2日曜定休
FAX注文OK
093-332-3009
FAX専用の注文用紙
24時間OK
メールアドレス
 (メール注文OK)

 info@sakenoawaya.co.jp 

@新入荷商品の特設コーナー


---------新入荷商品のご案内-----------

★新入荷商品

@雨後の月「山田錦」純米吟醸無濾過生原酒

@繁桝・大吟醸生々(なまなま)≪春季限定≫

@雁木「槽出(ふなで)あらばしり」純米無濾過生原酒

@杜の蔵「槽汲み」純米無濾過生原酒と純米大吟醸無濾過生原酒

一万(まんのいち)・芋焼酎古酒

@雨後の月「真粋大吟醸」斗瓶(とびん)取りスペシャル(桐箱入り

@雨後の月「中汲み」純米吟醸生酒

@山の壽(やまのことぶき)「雄町」純米大吟醸生酒

@焼いもうまし「紅はるか」・焼き芋焼酎

@初紅葉(はつもみぢ)にごり生原酒

@雁木スパークリング純米大吟醸 活性にごり生原酒

@司牡丹「船中八策」特別純米しぼりたて生原酒

@繁桝「中汲み」純米大吟醸生々

@繁桝「中汲み」大吟醸生々

@五橋「西都(さいと)の雫」純米吟醸しぼりたて生原酒

@五橋・純米あらばしり生原酒

@酒米・山田錦(山口県産)

@酒米・雄町(おまち)(岡山県産)

@繁桝・特別純米生々(クラシックラベル)

@繁桝・純米大吟醸にごり生々

@雨後の月「八反錦(はったんにしき)」純米大吟醸

@五橋「Z ファイブ・オレンジ」純米吟醸・一回火入れ

@山の壽「THE KAN」純米酒・山田錦・燗上がり

@くじらのボトル「新焼酎」芋焼酎

@脱藩黒蝶(だっぱんくろあげは)「忠義」・全麹仕込み麦焼酎

@五橋「馨嘉(けいか)」生もと(きもと)純米大吟醸

@清く正しく美しく・米焼酎古酒(13年貯蔵もの)



日本酒
 雨後の月「山田錦」純米吟醸無濾過生原酒
 720ml・・・1,836円     1800ml・・・3,672円(8%税込)
 数量限定品
 在庫:720ml有り       1800ml無し

★華麗な香りにプラスしてソフトな酸味が絶妙に溶け合う。−−−酒の芸術品−−−

■蔵元:相原酒造(広島県呉市)
■アルコール分:17%
■原料米:山田錦 ■精米歩合:50%
■日本酒度:+2 ■酸度:1.4

 酒米の最高峰「山田錦」を100%使用し、「雨後の月」の特徴である華麗な香りを程よく醸し出した逸品。

≪蔵元寸評≫
山田錦の特徴としては、透明感を持ち、上品な旨味と新酒らしい余韻でスルスルと呑め、食中にも向くお酒になると思います。最初の印象は、少し硬く感じますが、徐々に厚みを増して旨味が濃くなっていくと思います。

≪さっそく飲んでみました≫
 香りはまさに「雨後の月」で、本当に素晴らしくフルーティーな吟醸香。さらに柔らか〜い酸のあるコク。この「山田錦」に由来するソフトな酸の旨味は絶妙!そしてやはり「山田錦」、一本芯が通った骨格がある。
いろいろ書いたけど、この酒は素直に美味し過ぎる!

下記の写真の様に大振りのワイングラスで飲んだ。香りが中心に集まって立ち上ってくる。
≪蔵元からの提案≫
 酒米の最高峰山田錦を100%使用し、雨後の月の特徴である透明感に加えて心地よい酸の後押しが男性的な味わいを引き出し、味の厚みをプラスしました。そのため食中で長く飲み続けられます。
 てっちりや天麩羅(塩)などの和食に合わせるだけでなく、イタリアンなどとのマッチングも面白いです。

≪堀本杜氏のコメント≫
 普段我々が食用としている米と大きく違い、酒造用は大粒です。また酒造りでは食べて美味しい旨味成分が出来るだけ少ないものが良いとされています。その酒造用の米(酒造好適米)の中で最も品質の優良な米が山田錦です。
 今年のお酒は、例年より香りを抑えて、酸の後押しと味の濃さがあるように醸しました。山田錦ならではのきめこまかく、また男性的でどっしりとしたボディーを持つ深い味わいになっていれば幸いです。

・720ml・・・1,836円(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml・・・3,672円(8%税込)を(クール便指定)
   お支払方法   送料   ギフト使用(箱入り)に


日本酒
繁桝・大吟醸生々(なまなま)≪春季限定≫
 720ml・・・1,944円      1800ml・・・3,888円(8%税込)
 数量限定品(蔵元限定1,000本のみ)
  (繁桝の取扱店の中でも限られた店舗のみの販売です)

 在庫:有り

これはまさに反則技だ!・・・ウルトラハイ・コストパフォーマンス!

■蔵元:「繁桝」高橋商店(福岡県)
■原料米:山田錦(福岡県糸島産)
■精米歩合:40%
■アルコール分:17〜18%
■日本酒度:+5前後

 このお酒は、雫取りした後のモロミの袋を槽でゆっくりと圧をかけて搾ったものです。本来ならば、このクラスのお酒は一升瓶で7,000〜8,000円はします。それを、この破格で特別に分けていただいております。

 【飲んだ感想】
 搾りたてのフレッシュな風味。また、山田錦に由来するよる高貴な吟醸香。これほどお買い得で旨い酒はそうそうありません。当店の一押しです。

※私が客なら、迷わずケースで買って冷蔵庫に放り込んでおき、酒の熟成具合も楽しみながらチビチビ飲みます。オススメの飲み方としては、あまり冷やさずに、グラスをゆっくりと手のひらで温めてやりながら楽しんでみてください。なんとも言えない香りとやわらかさが感じられます。

・720ml(1,944円)(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml(3,888円)(8%税込)を(クール便指定)
   お支払方法   送料  ギフト使用(箱入り)に
【大分県のT.F様のご感想】
 本物の生です。香りだけ嗅いでいると日本酒とは思えませんね。黄緑ブドウにバナナやオレンジを組み合わせたような感じでしょうか?嗅覚は人によって異なるので、きちんと味を表現しましょう^^
 おっと、あまりのお酒の出来の良さに、ワイングラスに注いだ最初の一杯は飲み干してしまいました^^;どんな感想を書こうかと考えて味わっているうちに。
 香りがかなり強く、お酒の味と相まって「生ぶどうコメ酒」を頂いている感じです。11ヶ月間の冷蔵庫熟成で、味が「まろやか」になっているのでしょうか?でも、「切れ味抜群!」(表現はおかしいですが^^;)、「生らしさ」は健在です。「繁桝の酒は王道」とよく言われますが(通の間では)、自然に体内に入り、血液に入り、その循環を良くし、脳内神経を刺激し「癒し効果」を発揮してくれます。私は繁桝の酒粕を好んで食べていますが、そうやって繁桝に慣れていても、静かな「感動」を与えてくれます。
これが王道たるゆえんだと思います。

【神奈川県の徳永様のご感想・2013年4月】
かすかな甘みを伴った果実のようなフレッシュな香り。一口飲むと爽やかで豊かな酸味が口いっぱいに広がる。
吟醸酒はある意味クセのようなものを感じさせることがあるが、ここではそれが好ましいアクセントとなって全体をきりりと引き締めている。甘、酸、辛それぞれに個性を発揮しながら、チームワークがしっかりととれているのは”繁桝”ならでは。
これならば辛口一本の口うるさい先輩方も文句なしのはずだが、その前に自分の分で終りになってしまうかも
そう言えば開封後少しおいて開いてからどうなるか、という楽しみを感じさせるとかなんとか、とにかく今日はとことん飲もうぜ…
そういうことで1升目はたちまち空きました。

【神奈川県の徳永様のご感想】
繁桝・大吟醸生々:味香り共にバランスが良く、品がありますね。純米吟醸も良かったが、さらにその数段上をいっています。もったいなくて時々1合だけ頂いていましたが先日、なくなりました。
【東京都のS様のご感想】
『繁桝 大吟醸生々』をやってみましたが、『すごい!』の一言ですね。香り、含み、キレのバランスが絶妙でした。これ普通だったらホント1万円弱しますよ。この品質をこんな低価格で卸した高橋酒造さんもエライですが、そのまま正直に売ってしまう阿波屋さんもエラすぎ!リピートで数本押さえておきたいところですが、冷蔵庫が1升瓶であふれているので(今日現在7本入ってます)、もうちょっと在庫を減らしてからでないと奥さんのご機嫌が...


【福岡県の児島様のご感想】
阿波屋さん、こんにちは。繁桝、限定酒 生々飲みました。一口飲んで『なんじゃこりゃ〜!』と思いました。おいしいです。すごいです。HPで紹介のとおり、ケース買いしたい気持ち分かります。なるほど少し常温に近いほうがより香りと味が楽しめますね。HPの新入荷紹介を楽しみにしています


【福島県の鈴木様のご感想】
昨年初めて注文し大変美味しいのに感激しました。家内もあまりお酒は飲めないのですが、シゲマスさんのお酒は美味しいねと言って喜んでくれます。今年も何時かいつかと楽しみにしていました。

日本酒
雁木「槽出(ふなで)あらばしり」純米無濾過生原酒
 720ml・・・1,512円    1800ml・・・2,916円(8%税込)
■ 数量限定品
 在庫:720ml有り     1800ml有り

「雁木」の超限定・あらあらしぼり(滓がらみ)・・・新鮮味抜群です!!!

■蔵元:八百新酒造(山口県)
■原料米:山田錦(山口県産)
■精米歩合:60%
■日本酒度:非公開
■酸度:非公開
■アルコール分:17%

 「雁木・純米無濾過生原酒」を搾って、槽口(ふなくち)から一番初めに出てくる「しぼりたて・滓絡み」の部分を即座にボトリングしたものです。わずかにオリも絡んでおり、抜群の新鮮味を堪能できます。

≪飲んだ感想≫
 瓶を透かして見ると、極わずかですが、オリが浮遊しております。これは「あらばしり」ならではの楽しみでもあります。栓を開けると、とってもフレッシュな香りが立ち昇ってきました。「う〜ん。旨い!!!」旨味も多く、凝縮しています。まさに蔵で直接タンクからひしゃくですくって飲む様な新鮮な臨場感たっぷりの味わいです。後口のアタックもキリリと引き締まっています。

・720ml・・・1,512円(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml・・・2,916円(8%税込)を(クール便指定)
   お支払方法    送料  ギフト使用(箱入り)に
@大分県のT.F様のご感想
 雁木については、今まで「スパークリング」しか頂いていない私。然しながら今回は、様々な御蔵様の、新酒「利き酒・味筋確認」をやっており、その一環として、がらっと、「味も趣」も異なるであろう、「槽出(ふなで)あらばしり」にお手合わせ願うことになった(どうぞお手柔らかにお願いします^^;)。
 想像上では「辛口」、しかもバシっと「あらばしり」らしさが出てる筈と(イヤイヤ思い込みはいけませんよっと)。
 では、「酒神」に「感謝の意」を伝え「心の中で柏手を打ち」、ハイ!開封させて頂きます。
 今日は、酒器に首の長い、女性のボディーの様な形をしたワイングラスをチョイス。注がれた色は、本当にかすかに琥珀色がかっているようにも見える。エアコンは入れてないのだが、時折、吟醸香が、アロマ状態で、「ふっと」漂って来る。
 さて、上立ち香は、やはり「山廃」に近い。実に「あらばしりらしいフレッシュさ」がアルコール感と共に立ち上がって来る。
グラスをよく振ると、「あれ?」、「何で落ち着くの?」。「透明な数ミクロンの膜で包まれた」、敢えて例えるとすれば、「オレンジ+バナナ+マスカット系ミックス」みたいな香りが、引きずり込まれるというより、「押し出される」感じで伝わって来る(若干思考停止状態・・・)。
 頂きますよぉ〜^^。最初にいきなり「バナナ系の香り」がして、味は、こちらも敢えて例えれば「ブドウ系」。酸度も日本酒度も高いのに、「生クリームにやや辛口の白ワインを混ぜたような」、端的に表現すれば「甘酸っぱく」、「でも幼い(新種だから^^)」後味。
少し遅れて「アルコール感」が来るが、これが、喉の上部でも、喉越しでもなく、最初に舌に伝わり、そのあとに「喉越し」へ。完全に今までにないパターンである。
 でもねぇ〜、このお酒、「キケン」ですよ^^(ニヤリ。
 日本酒の域を超えた「ワイン」の仕上がりになっていて、しかも完全に今時の若い女性の好みでしょうから。つまり、肉食系女子を唸らせる味。草食系のあなたが「食われてしまう」かもですよ(イヒヒ。ぜひ「実験」してみて下さい。
 「生ハム」と合わせて見ましょう。あなたが「ハム」です^^
「アハハ」、笑みがこぼれてしまうどの絶妙なバランスで、しかも「お酒」のほうが勝っています。若干のアルコール感の刺激増はありますが、これ、正直、「お持ち帰り」されちゃいますよ^^;
 今回の感想の書き方は、完全に今までの私のパターンを少し突き抜けた「刺激のあるもの」になってますが、それほど、「お酒のフレッシュさ(荒走り)」と「生ハムのフレッシュさ」が合うという、私の中では、ワイン以外では考えられないパターンになっています。
 実は、今日の夕食に「チーズとんかつ」を買ってきたので、それにも合わせてみますね。
お酒の香りの前に、ソースの香りが^^;w「うは!」これでも負けませんよ。では、お米(ゴハン)をと。多分、大分だから「ひのひかり?」なんでしょうけど、これは「旨い!」です。
 生ハム、とんかつ、ゴハンと交互に頂きながら、そのお酒とのバランスに、「雁木」様、わたくし如きに新しい「雁木の世界」を授けて下さってありがとうございます。「スパークリング」だけが「雁木ではない」という事を、しかと承りました。


@福岡県の島崎様のご感想
 「雁木」美味しかったです!!「杜の蔵」をぐっと大人にしたような、粋にしたというか、とても華やかでバランスが取れた美人なのに、敢て控えめに佇んでいるという感じです。でも、飲み進めると、くっきりと背筋が見えてきて、垢抜けた色気を感じます。料理の味を繊細に感じさせる素晴らしいお酒でした。

@福岡県の三戸様のご感想(同じお酒の2回目:やや熟してきました。)
 今回は、ぼくのお気に入りの「雁木」のあらばしりの純米無濾過生原酒です。久しぶりに飲みました。もう、びっくり!びっくり!びっくり!です。何ですかこの酒のうまさはー。どこから生まれてくるのでしょうかね〜。旨すぎます!!麹?の何とも言えない香りと旨さに、フルーツのような香りが混ざって、絶妙のハーモニーを奏でていますねえ〜、ねえ〜。心地よい刺激というかパンチまで加わって、旨すぎですねえ〜。「ナポリを見て死ね?」と言いますが、この「雁木」を飲まずして、死ぬな、とは言えませんが、日本酒のうんぬんは語れないかもしれませんね。絶対!!本来なら、だまされたと思って、この「雁木」を飲んでみてくださいよ、と言いたくなりますが、それどころか絶対絶対、神に誓ってもだましませんので、是非この「雁木」を飲んでみてくれーーーっ!!、て声が枯れるまで叫びたいですね。あ〜あ〜あ〜、ほんとにうまいっすね〜、この酒は。ありがとうございます。やっぱりぼくの原点でした。これからもよろしくお願いします!

@福岡県の三戸様のご感想
 どうもありがとうございます。本日注文の2点(雁木「槽出あらばしり」純米)(雨後の月千本錦)の酒が届きました。早速刺身を肴に飲みました。雁木は以前にも純米と純米吟醸を飲んだことがありますが、やっぱりすごいすごい酒ですね。大吟醸がうまいのは当然?だと思うので論外かもしれませんが、それでも前回注文した、「○○」の大吟醸よりも雁木のこの酒の方がぼくには上だと感じられます。好みの問題かもしれませんが・・・。ところで、雁木は以前も純米の方が好きでしたが、今回も純米のあらばしりの生は、甘すぎず辛すぎず香りも適度でおまけに妙な?パンチも利いていて最高ですね〜。また雨後の月の千本錦の生原酒も香りと甘みのバランスが心地よく、甘酒好きのぼくには最高の部類に入りますね。あ〜あ〜。2つともたまりませんね〜。やっぱりやっぱり日本酒は最高ですね、日本酒が一番ですね。もっともっと多くの人が日本酒の良さをわかれば最高なんですけどね〜。ありがとうございました。またこれからもお世話になると思いますが、よろしくお願い致します。それではまた。


杜の蔵のチョー人気酒「槽汲み(ふなぐみ)」
全国から酒屋がこぞって買い付けに来るほどです。

日本酒
 杜の蔵「槽汲み(ふなぐみ)」純米無濾過生原酒と純米大吟醸無濾過生原酒
 720ml・・・1,728円と2,160円の2種類(8%税込)
数量超限定品(当店では総数約200本買い付け成功。超人気酒です。お早めにどうぞ)
 在庫:有り

 このお酒は、福岡県久留米市に蔵を構える創業100年以上の老舗「杜の蔵(もりのくら)」の特別買い付け酒「槽汲み(ふなぐみ)」といいます。

 ネーミングの由来は、昔ながらのお酒の搾り器械「槽(ふね)」で搾って即座に汲み上げて瓶詰めします。そのため「槽汲み(ふなぐみ)と名付けられました。」


ここ数年は大注目で、全国から100社前後の酒屋が買い付けにやってくるほど。

それだけ、このお酒の凄さと人気はたいへんなものがあります。本当にいいものは遠方からでも足を運んでわざわざ買い付けにやってきます。

≪いったいどんなお酒なの?≫

 地元の契約農家のお米を使用した純米酒で、
最大の特徴は、お酒本来の持つ発酵から生じたガスを封じ込めたままそのままビン詰めしているところにあります。そのためスパークリングとまではいきませんが、ピチピチ・活き活きとした触感が感じられます。この刺激が最高です。
さらに生のままの原酒で一切調整をしていません。味わいも豊かで、口の中でたっぷりと美味しさが広がります。

@蔵で搾りたてのお酒を、蔵人がタンクからひしゃくですくって飲む(盗み呑みしている)(^O^;
・・・そんな状態のお酒です。
≪下記は今年度2018年1月22日買い付け時の写真≫
≪蔵の風景≫
≪買い付け時のきき酒する私:酒の阿波屋の阿波タカヒロ≫

≪下記は今年度2016年買い付け時の写真≫
≪雪が積もった蔵の風景≫
≪買い付け時のきき酒する私:酒の阿波屋の阿波タカヒロ≫

≪下記は今年度2015年買い付け時の写真≫
≪蔵の中の風景≫
≪買い付け時のきき酒する私:酒の阿波屋の阿波タカヒロ≫

≪下記は今年度2014年買い付け時の写真≫
≪蔵の中の風景≫
≪買い付け時のきき酒する私:阿波タカヒロ≫

≪下記は今年度2013年買い付け時の写真≫
≪熱気に包まれる買い付け風景≫
≪買い付け時のきき酒する私:阿波タカヒロ≫

≪下記は今年度2012年買い付け時の写真≫
≪杜の蔵から買い付け時の説明≫
≪熱気に包まれる買い付け風景≫

≪私:阿波タカヒロと末永杜氏≫
≪買い付け時のきき酒する私:阿波タカヒロ≫

(下記の写真は2010年買い付け時のもの)
(下記の写真は2009年買い付け時のもの)
(下記の写真は2007年買い付け時のもの)


※今年(2018年もの)買い付けてきた「槽汲み」は、下記の4アイテムです。
(6タンク中、4タンクからの買い付けてきました。)


数量超限定品(当店では総数約200本買い付け成功。超人気酒です。お早めにどうぞ)

※今年度の「槽汲み」は下記の4アイテムです。全て数量限定です。お早めにどうぞ。
≪槽汲み9号タンク「山田錦」純米大吟醸生原酒≫ 大吟醸仕込みのエレガントなプレステージタイプ 2,160円(8%税込)≪完売≫
≪槽汲み10号タンク「夢一献」純米生原酒≫ 辛口だけど、とってもエレガントタイプ 1,728円(8%税込)
≪槽汲み11号タンク「夢一献」純米生原酒≫ キュートな酸味。新感覚タイプ 1,728円(8%税込)
≪槽汲み13号タンク「夢一献」純米生原酒≫ シャープな辛口。スイスイ軽快なタイプ 1,728円(8%税込)

≪槽汲み9号タンク「山田錦」純米大吟醸生原酒≫
大吟醸仕込みのとってもエレガントなプレステージタイプ
≪槽汲み10号タンク「夢一献」純米生原酒≫
辛口だけど、とってもエレガントタイプ
■純米大吟醸無濾過生原酒
■原料米:
山田錦
■精米歩合:50%
■酵母:9号系
■アルコール度数:16度
■日本酒度:+4
■酸度:1.4 アミノ酸度:1.0
「槽汲み」の山田錦バージョン。今期から初めての純米大吟醸仕込みです。
@テイスティングしました。
 精米歩合50%まで最高の原料米「山田錦」を磨いています。口に含んだ瞬間の軽快さはさすがにハイクラスの大吟醸です。スルスルと入って来てサーッとひいていく綺麗な仕上がりです。青リンゴのような吟醸香も出ています。エレガントです。
■純米無濾過生原酒
■原料米:
夢一献(ゆめいっこん)(福岡県三潴町産)
■精米歩合:65%
■酵母:9号系
■アルコール度数:17度
■日本酒度:+6
■酸度:1.7 アミノ酸度:1.5
福岡県オリジナル酒米「夢一献」の槽汲み
近年、福岡県で開発された酒米「夢一献」で仕込んだ。

@テイスティングしました。
 辛口なのですが、吟醸系の風味でもっとも優しい酒質。バナナや南国果実の様なやさしく甘やかな香り。ふんわりと口当たりが良くかすかな甘味が口中に広がる。飲み続けていてとにかく美味し〜い。

・720ml(2,160)(8%税込)を
≪クール便指定≫

・720ml(1,728円)(8%税込)を
≪クール便指定≫

   お支払方法    送料  ギフト使用(箱入り)に

≪槽汲み11号タンク「夢一献」純米生原酒≫
キュートな酸味。新感覚タイプ
≪槽汲み13号タンク「夢一献」純米生原酒≫
シャープな辛口。スイスイ軽快なタイプ
■純米無濾過生原酒
■原料米:
夢一献(ゆめいっこん)(福岡県三潴町産)
■精米歩合:65%
■酵母:
ふくおか夢酵母(リンゴ酸を多く生成する新酵母)
■アルコール度数:17度
■日本酒度:+4
酸度:2.6 アミノ酸度:1.4
福岡県オリジナル酒米「夢一献」の槽汲み
近年、福岡県で開発された酒米「夢一献」で仕込んだ。

@テイスティングしました。
 新酵母によるキュートな酸の味わいに包まれています。骨格もしっかりして今までにない新しい「槽汲み」の可能性を感じさせてくれます。合わせるお料理もイタリアンや中華なのにも適応できます。マッチングの幅の広い「槽汲み」です。
■純米無濾過生原酒
■原料米:
夢一献(ゆめいっこん)(福岡県三潴町産)
■精米歩合:65%
■酵母:7号
■アルコール度数:17度
■日本酒度:+6
■酸度:1.8 アミノ酸度:1.2
福岡県オリジナル酒米「夢一献」の槽汲み
近年、福岡県で開発された酒米「夢一献」で仕込んだ。

@テイスティングしました。
 シャープでキリリとした辛口。スイスイと杯が進む最も軽快な仕上がりです。主に和食を中心としたメニューに抜群に合います。
・720ml(1,728円)(8%税込)を
≪クール便指定≫
・720ml(1,728円)(8%税込)を
≪クール便指定≫

   お支払方法    送料  ギフト使用(箱入り)に

≪大分県 T.F様のご感想≫
 このお酒は特別である。ラベルに阿波屋さんの名前が入っているのもその証拠。
 全国の「やる気満々の酒屋さん」が「買付度120%」で、それぞれのタンクめがけて利き酒に猛ダッシュ!そして「これは!」というものを「タンク毎」買い付けるのだ。その風景は「圧巻」そのもの。阿波屋さんは「4つのタンクの買い付け」に成功^^vその中で、僕は敢えて13号タンクの「7号酵母」を選んだ。それには当然「理由」がある。
 色は白ワインの様に「やや薄い琥珀色」。最初の香りは「バナ〜ナ、OHイェイ!」。その奥に「夢一献」と「薄いマスカット系」のフレグランスが見え隠れ。
 ここからが「理由」。僕の「7号酵母の利き酒」経験上、「仕込み水」の味を最大限に引き出してくれます。
頂きます^^「いいです。素晴らしいです。ブラボー!」。
 まずは飲む時に、お米とブドウの香りが鼻を通して脳を刺激します。その香りで、既に「一本取られた」みたいに逝っちゃっています。そこに、本当に「バナナジュース(マスカット入り)の味が来ます。勿論アルコール感はありますが、それは「アクセント」。
 味わいは濃厚で「バニラエッセンス」の香りもあります。
 お酒を飲んでいると言うより、お酒入りの「パウンドケーキ」を食べている感覚です。それに加えて「新鮮さ」。「斬新」でしょう^^?「米粒を食べている感覚」に陥ります。
 こういうお酒との出会いがあり、「心が癒され」、「酔い(良い)気分」にさせてくれるから、日本酒の研究はやめられないのです。


≪福岡県 島崎様のご感想≫
 先日の槽汲み、おっしゃるとおりの見事な味でした!
微発泡の刺激が喉を通ったあとに、実にふくよかな香りが鼻腔を満たし、濃密でなおかつくっきりとした味わいが味蕾ひとつひとつを包み込む感じでした。フレッシュなのですが、羽化したときには完全な色と形をもった蝶のようです。このお値段で飲めるなんて信じられないですし、福岡にはこんなに素晴らしい日本酒があるんだと感動しました。また、ひとつ味を覚えました!!

≪追伸≫
あのお酒に合わせましたのは

@あん肝と大葉のかき揚げ
@豚肉とセリと春ゴボウのかき揚げ

@芝海老と若布と青のりのかき揚げ


かき揚げのボリューム感と香りがとてもよく合いました!   次回も楽しみにしています!!

 先日の槽汲み15号純米生原酒、11号と比較すると更に重厚感があって、食事と合わせるだけでなく、そのまま単独で食前や食後にいただいても美味しいお酒でした!!さて、今度のお酒も期待にドキドキです。楽しみにしています。

≪福岡県 三戸様のご感想≫
 さて、本日商品が届き、早速飲みました。や〜うまいですよ!あっぱれ!今回の注文は13号と15号です。2点ともどちらかというと甘いお酒だな、と感じました。どちらも少し発砲があり、何とも言えない独特の味わいがありました。たまにあるにごり酒の風味を思い出しました。それにぼくが個人的に大好きな「雁木」のあのトータルバランスの味わいがベースにあるのではないかと感じました。無濾過生原酒だからでしょうか?今回の2種の違いがあるとすれば、13号の方に少し心地よい酸味を感じました。でも個人的には15号の方がやや好みかなっ、て感じです。いずれにしても日本酒の愛好家は、絶対に楽しめるお酒であることには間違いありませんね〜。
欲を言えば、全種類を少しずつでも飲めれば微妙な味わいを吟味できて、かなり楽しめるのではないかと思いますね。
そう考えると阿波屋さんはちょっぴり?幸せなのでしょうね。仕事柄とは言え羨ましいです。
蛇足ながら、もしこのお酒から発砲を取れば一体どうなるのでしょうかね〜?「雁木」の亜流?っぽくなるのでしょうか?はてさて。。。想像は尽きませんね〜。(ちゃっかり、雁木ファンをアピールしてる。。。)あ〜、日本酒、万歳!!今後ともよろしくお願いします。


焼 酎
一万(まんのいち)・芋焼酎古酒
 720ml・・・1,944円   1800ml・・・3,780円(8%税込)
 数量限定品
 在庫:有り

「脱藩黒蝶統(くろあげは)の会」

全国の本格焼酎をこよなく愛す厳選された酒販店で構成され、革新的な焼酎文化の啓蒙を行うグループの会であります。

会名称の意味・・・
「Dappan(脱藩)」のは、あらゆる垣根を越え何か新しいビジョン(時代)を成す意匠の表れを示し、「黒」は何にも染まらない公平で自由な色と捉え「アゲハ」は優雅で親しみ易く、魅了されることから、本会がそのように成していくことを願い名称としています。


★★★★★ 非常に優れた古酒同士をバッティングしたブレンデッド古酒の秘蔵酒 ★★★★★

■蔵元:太久保酒造(鹿児島県)
明治43年創業。焼酎造りの原点に戻ったこだわりの製法。「甕壺仕込み」による本物の芋焼酎を造りたいという思いで愛情豊かに醸す。
原料芋は全て自社関連農場で生産。


■甕壷仕込み(一次仕込み)
■原料芋:黄金千貫、安納芋
■原料米麹:ひのひかり
■麹:黒麹、黒麹ゴールド
■貯蔵年数:5年以上もの
■アルコール25%

 麹米にひのひかりを使用し、黄金千貫で仕込んだ5年以上の古酒に、同じくひのひかりを使用して黄金千貫と安納芋で仕込んだ10年古酒をブレンドしたブレンデッド焼酎です。

いづれの原料も自社製です。さらに10年古酒には黄麹の掛け米を行い、黄麹特有の華やかな香りも感じられるエレガントな逸品に仕上がりました。

味わいはじんわりと芋の甘い香りと、余韻に黒麹特有のキレと麹の香りが特徴です。飲み方はお湯割り、ロック、ストレートがオススメです。

・720ml(1,944円)(8%税込)を
・1800ml(3,780円)(8%税込)を
   お支払方法    送料  ギフト使用(箱入り)に


日本酒
 雨後の月「真粋大吟醸」斗瓶(とびん)取りスペシャル(桐箱入り)
 720ml・・・8,640円
 数量超限定品(蔵元限定年間360本のみ)
 在庫:有り

★★★★★ 究 極 の 「雨 後 の 月」 ★★★★★
■蔵元:相原酒造(広島県呉市)
■アルコール分:17.7%
■原料米:山田錦(最高級の山田錦の産地・兵庫県の中でも一番良い「山田錦」の取れる特A地区秋津産)
■精米歩合:35%  ■日本酒度:+4

 雨後の月の最高峰「真粋大吟醸」のさらに上の超限定の「斗瓶取りスペシャル」。これは「真粋大吟醸」の中でも選りすぐりの極めて出来が良いものを、「つるし」という技で雫を集め、「斗瓶」で約300日間熟成され、わずか360本のみ蔵元自らが瓶詰めしたものです。

≪堀本敦志杜氏のコメント≫
通常、発酵の完了したモロミは圧搾という段階を経て清酒と粕とに分離しますが、斗瓶取りの場合は昔ながらの酒袋にモロミを入れて、機械による圧力などはかけず、一滴ずつ自然に垂れてくる酒だけを集めます。そのため雫酒などとも呼ばれています。今回の限定品は、大吟醸仕込みの中でもっとも贅沢なコメを使い、造り手の最新の注意と集中力を注いで醸し出したものです。

 まさにデリシャスリンゴを思わせる極上のふくみ香。とろけるような極上の口当たりは、まさにマニア羨望の酒と言えるでしょう。「究極の日本酒」です。

・720ml(8,640円)(8%税込)を≪クール便推奨≫
(限定極少量入荷に付き、お一人様3本まで)
  お支払方法    送料



日本酒
 雨後の月「中汲み」純米吟醸生酒
 720ml・・・1,458円      1800ml・・・2,916円(8%税込)
 数量限定品
 在庫:有り

1本のタンクの中の一番美味しいところを搾りました。
酒本来の柔らかい酸味・旨味が溶け込んだ優しい風味♪
■アルコール分:15.5%
■原料米:広島県産(雄町、八反錦)
■精米歩合:50〜60%
■日本酒度:+3
■酵母:協会9号

 酒の搾りの工程は、荒走り、中汲み、責めの3段階があります。この酒は、品質の一番優れているとされる「中汲み」だけを取り分けてビン詰めしました。

 ≪さっそく飲みました≫
 タンクの一番美味しいところを搾り、わずかな酸味と軽快な旨味が見事に調和しております。見え隠れするマスカットのような果実の風味は雨後の月特有の持ち味。落ち着いて長飲み出来る本当によく出来たお酒です。
・720ml・・・1,458円(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml・・・2,916円(8%税込)を(クール便指定)
    お支払方法   送料   ギフト使用(箱入り)に
@蔵元コメント
 1本のタンクの一番美味しいところを搾って、酸味と軽快な味を熱望される「雨後の月」愛好家の声にお答えできる酒を造ることが出来ました。含むとまず9号酵母独自の瑞々しい梨の様な香気が広がります。徐々に酸味を感じ、包み込まれた爽快な切れ味が口中全体に広がります。本来の「雨後の月」をスパイスに、新しいタイプの酒が仕上がりました。

@杜氏コメント
 「雨後の月」特有の香り高い酒ではなく、落ち着いて静かに飲める酒を念頭に、敢えて9号酵母を使用した純米吟醸酒。搾りの工程は、「荒ばしり」→「中汲み」→「責め」の3段階がありますが、品質の一番優れているとされる「中汲み」だけを取り分けました。昨年に比べ、さらに美味しさを感じられるように、少しお米を溶かしぎみに作りました。
【大分県のT.F様のご感想】
 今日は「爽やかさ」を求めて「雨後の月」に。
 お酒から伝わって来るものは、やはり「透明感」、そして空気の澄み切った平原で「からだ全体で感じる爽やかさ」。いつ頂いても、この感覚はいいですね。香りは確かに黄緑ブドウ系なのですが、その「平原を流れる水の香り」までもが伝わってきます。
 甘さとアルコール感が同時に来ますが、それも生きている証拠。お酒そのものは「柔らかく」、喉で感じるブドウの味はたまりません^^v
 元々その酒質(爽快感など)においては「群を抜く」お蔵様。からだの中を「澄んだ小川」が流れていきます。
 今の季節には「ピッタリ」ですね。あの童謡が聞こえてきます。「はぁるの小川はぁ〜♪」。



日本酒
 山の壽(やまのことぶき)「雄町」純米大吟醸生酒
 720ml・・・2,160円      1800ml・・・4,320円
 数量限定品
■ 在庫:有り

新生「山の壽」から・・・大人気の「雄町」限定酒

今回は、ワンランク上の純米大吟醸の生酒バージョン。


■蔵元:山の壽酒造(福岡県)
■原料米:雄町(岡山県産)
■精米歩合:50%
■アルコール分:16%

 生まれ変わった「山の壽」からの限定の「雄町米」の純米大吟醸生酒です。

 オマチストとも称される雄町フリークが急増中です。

雄町特有のまろやかな旨味。エレガントなふくいくたる香り。ゴージャスな大吟醸として。

様々なお食事にも合いますが、特にイタリアン、フレンチ、中華との相性は抜群です。お酒単体でもリッチな気分にさせてくれます。

・720ml(2,160円)を(クール便指定)
・1800ml(4,320円)を(クール便指定)
   お支払方法   送料  ギフト使用(箱入り)に


焼 酎
 焼いもうまし「紅はるか」・焼き芋焼酎
 1800ml・・・2,905円(8%税込)
 数量超限定品(蔵元限定1,000本のみ)
 在庫:有り

「脱藩黒蝶統(くろあげは)の会」

全国の本格焼酎をこよなく愛す厳選された酒販店で構成され、革新的な焼酎文化の啓蒙を行うグループの会であります。

会名称の意味・・・
「Dappan(脱藩)」のは、あらゆる垣根を越え何か新しいビジョン(時代)を成す意匠の表れを示し、「黒」は何にも染まらない公平で自由な色と捉え「アゲハ」は優雅で親しみ易く、魅了されることから、本会がそのように成していくことを願い名称としています。


★★★★★ ハイレベルなお芋「紅はるか」と甘み豊かな「安納芋」の秘蔵ブレンド ★★★★★


■蔵元:太久保酒造(鹿児島県)
明治43年創業。焼酎造りの原点に戻ったこだわりの製法。「甕壺仕込み」による本物の芋焼酎を造りたいという思いで愛情豊かに醸す。
原料芋は全て自社関連農場で生産。


■甕壷仕込み(一次仕込み)
■麹:黒麹
■アルコール25%

 高い糖度となめらかな甘さを特徴とした「紅はるか」と、甘み豊かな「安納芋」」の二つの異なる甘さを持つ主原料をローストし、コラージュした贅沢な酒質を限定にて醸しました。

 味わいは焼き芋らしい香ばしさと上品な甘みを堪能いただける酒質に仕上がっています。ちなみに焼き芋とは、芯まで上手に火を通し、表面が焦げ過ぎないように芋を焼くという、極めて高い技術が必要となる故に、ひとつひとつ丁寧に丹精をこめて造りました。

飲み方はロックはもとより、お湯割り(原液6:4お湯)もオススメいたします。

・1800ml(2,905円)(8%税込)を
   お支払方法    送料  ギフト使用(箱入り)に


日本酒
■ 初紅葉(はつもみぢ)にごり生原酒
 720ml・・・1,296円  1800ml・・・2,592円(8%税込)    
 数量超限定品
 在庫:有り

※超限定の旧ラベルのバージョンです!

■蔵元:「原田」はつもみぢ(山口県)
■原料米:西都の雫(山口県産)  ■精米歩合:75%
■アルコール分:18%

 
今回は、「原田ブランド」ではなく、旧銘柄の「初紅葉ブランド」での発売となりました。

 それをうけて、酒米も「山田錦」ではなく、敢えて「西都の雫」を使用しております。

←振らない状態でオリは瓶の1/5程度たまっています。

 開封すると、はつらつとしたチリチリのガス感が感じられます。

辛口でややボリュームのあるしっかりとしたにごり酒です。

上澄みだけ飲んでもとっても美味しいですよ。

・720ml・・・1,296円(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml・・・2,592円(8%税込)を(クール便指定)
  お支払方法  送料  ギフト使用(箱入り)に


日本酒
雁木スパークリング純米大吟醸 活性にごり生原酒
 720ml・・・2,160円(8%税込)
 数量超限定品(オーダー分のみの特注品)

 在庫:有り

■蔵元:八百新酒造(山口県) ■原料米:山田錦(山口県産) ■精米歩合:50% ■日本酒度:−12(やや甘口) ■アルコール14%

 たいへん珍しい高級シャンパンのような日本酒です。
 様々なイベント(忘年会、クリスマス会、新年会、成人式、バースデーパーティー・・・etc)で盛り上げてくれます。

 もちろん味もサイコーに美味しいです。
日本酒に馴染みのない方にも飲み易く、かたや日本酒通をもうならせる、さわやかな甘さのしぼりたて発泡生原酒です。

ワクワク感たっぷりの祝祭ムードを演出します。みんなで集まって楽しむのにもってこいのお酒です。
≪携帯ストラップになっています≫
「噴出し注意!!」の首掛けが、なんと携帯ストラップになっています。ジョークとして使えそうですね。(笑)
≪裏ラベル≫
発泡性につき、裏ラベルの注意書きを十分に読んでゆっくりと開けて下さい。噴


・720ml・・・2,160円(8%税込)を(クール便指定)
     お支払方法    送料   ギフト使用(箱入り)に
@大分県のT.F様のご感想・・・パート2(1年後)
  ビンの「首輪」に、ちゃんと書いてあるでしょ。「吹き出し注意!!」って。
 そうそう、このお酒は少しずつビンの中のガスを抜いてあげないと「吹き出すんですよ」。F1レースで入賞した人たちがシャンパンボトルを振って噴き出させるみたいに。
 今日は開栓まで何分かかるかな?「うはっ!」、ものの10秒でお酒が漏れ出しましたwでも、いつもそうなんですよ^^漏れ出るお酒をティッシュで優しく拭きながら格闘すること約7分。手は「甘くスウィーティー」な香りになっています。ワイングラスにおつぎしましょうね^^
 「シュワシュワ」っと音がして泡が立つと、あら不思議。いままで透明だったお酒が、あっという間に「クリームソーダ」のようになりました。
 あらためてその香りを。グレープフルーツとレモンとグリーンマスカットに桃までがあわさったような「とてもいい香り」です。お味のほうは、「少し甘くて、ほんのり苦い」オトナの味。やはり大吟醸クラスになると違ってきますね^^実はこの雁木には青いバージョンもあって、そちらもとても「素敵」なのです。今日は、ワイン(シャンパン)との比較を持ち出さずに「日本酒」の世界でお話をしましょう。
 まず、「飲み飽き」しません。後味は、少し薄いクリームチーズですね。鼻から抜ける香りと後味(口の中と喉で感じる味)が重なると、とても「幸せな気分」になれます。「天国への切符」をあなたへお渡し致します。そしてお酒がお好きな方なら、きっと1本あけてしまうでしょう。僕もそうします、今晩は。二日酔いはしませんよ。とてもいい気分で「夕べのひととき」を過ごし、「爽快な朝」をお迎えになられることでしょう。
 日本酒って「奥が深い」ですね。美空ひばりさんの「愛燦燦」をBGMで聴きながら飲むと最高でしょうね。今からそうします^^では。


@大分県のT.F様のご感想
 お酒に添えてあった注意書きを読んではいたが、7〜8度くらい、瓶にタオル地のハンカチを巻いて「開けては締め」を繰り返し、こぼれるお酒を拭きながら、よし、これで!と思切って蓋を開けたら、白い炭酸の山が「もこもこ」って、出てきた。シャンパンを振って開けた時のあの感じ、ラベルも「ganki」と、ローマ字で書かれてある。手は甘く香り、舐めたくなるような(マテ
 注ぐと薄い乳白色で、マスカットを絞ったような、それも深みのある香りが、やさしいアルコール感に包みこまれている。
 炭酸とマスカットの味が、口の中で同時にはじけて喉を通過し、ほどよいアルコール感が残る。「何杯でも飲みたい!」。「利き酒」なので、程々のところでやめておいたが、やはり、私の中では微発泡酒部門No1のお酒である。しかし、以前よりはアルコール感が抑えられ、やさしい味になっていると思ったのは、キノセイだろうか?


日本酒
■ 司牡丹(つかさぼたん)「船中八策(せんちゅうはっさく)」
        特別純米しぼりたて生原酒

 720ml・・・1,598円       1800ml・・・3,186円(8%税込)
 数量限定品
 在庫:720ml有り         1800ml有り

竜馬にちなんだこのお酒「船中八策」。定番酒と違ってグッとくる男酒!

■蔵元:司牡丹(高知県)
■原料米:ナツヒカリ(高知県産)、山田錦(兵庫県産)、五百万石(島根県産)
■精米歩合:60%
■日本酒度:+8
■酸度:1.6 ■アミノ酸度:1.3
■アルコール分:18.5%

 定番の「船中八策」は、超辛口酒の代表酒として長年・売上上位の座に君臨するトップセールス商品です。そしてその季節限定酒として「しぼりたて生原酒」は、たくさんの「船中八策ファン」羨望のお酒なのです。

≪蔵元寸評≫
フレッシュで香り高く、ふくよかで幅があり、どっしりとしたリッチな味わい。おなじみ「船中八策」シリーズの初しぼり。


 ≪飲んだ感想≫
 定番の「船中八策」は軽く爽やかでやや線の細い印象ですが、この「しぼりたて」は全く別物です。爽やかで、甘いスイーツ系の香り。幅のあるリッチでボリューム感のある美味しさはたまりませんね。(^v^)

※封を切って1日目は辛さよりも旨さが感じられますが、空気に触れて開くほどに辛さが増してきます

・720ml(1,598円)(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml(3,186円)(8%税込)を(クール便指定)
   お支払方法   送料   ギフト使用(箱入り)に



日本酒
繁桝「中汲み」純米大吟醸生々(ワンランク上の純米バージョン)
 720ml・・・1,890円     1800ml・・・3,883円(8%税込)
 数量限定品

 在庫:有り

◆お酒の搾りは3段階です。
1「あらばしり」→2「中汲み」→3「責め」
★これは最も美味しい部分の「中汲み」です。★
■蔵元:「繁桝」高橋商店(福岡県)
■原料米:山田錦(福岡県糸島産)  ■精米歩合:50%
■日本酒度:+1.5  ■アルコール分:16.5%


 蔵元の田代部長です。当店にて、同時期に発売された繁桝の大吟醸生々シリーズを飲み比べしました。

 この「中汲み・純米大吟醸生々」は、一番価格も高い設定となっておりますが、今年度の味の差は歴然としています。価格に十分見合った美味しさがあります。

 繊細で高貴な吟醸酒の香り、味わいはどこにだしてもおかしくありません。他の数千円クラスの大吟醸と飲み比べても殆どの人がこのお酒に軍配を上げると思います。

 
※酒の阿波屋の阿波タカヒロが本当に自信を持ってオススメする1本です。
 繁桝の高級酒は、全て伝統的な製法である「槽搾り(ふなしぼり)」を行っています。「槽搾り」の工程は2日間で3段階に分けられます。まずはモロミを酒袋に入れ、自重圧で搾る「荒走り」→次に押し蓋で圧力をかける「中汲み」→最後に2日目に酒袋を積み直して再び圧搾する「せめ(責め)」です。

 このお酒は、このお酒は、真ん中の「中汲み(なかくみ)」の部分を集めた生々酒。安定して香味共に最も優れた部分です。同時に価格も一番高いです。
【うどん県民様のご感想】
 日が経った話で申し訳ないですが、今年のお正月はこれで乾杯でした。
  どれを飲んでもおいし、くハズレなどない繁桝さんですが、このお酒は
  その中でもちょっと違うかな〜と思いました。  
  綺麗なお酒、美しいお酒と表現したい。
  中汲みってこんなん?? 一番おいしいところってこんなん??
  非常になめらかで、口のどこにも引っかからない、自然に喉まで流れる。
  流れるというか、飲み込むまでに半分は舌に吸収されてるんじゃないかと
  思うほどです。 シルクのような感じ。
  相方は「うん・・・」と黙ってしまい、「これ幾ら?」だって(笑)
  「心配すんな、四合瓶が2千円でお釣り来るし」と言うと驚いてました。


【神奈川県の徳永様のご感想 H26年春】
 香りは極めて穏やか、その香りとたがわぬ落ち着いた味わい、それでいておだやかだが芯のしっかりした伸びのある甘み、旨み。
すこしも気負ったところがない、それでいてあるべきところにはきちんと隙なくある。これこそ”繁桝”。


【神奈川県の徳永様のご感想】
 実に品のよい穏やかな香り、酸味、甘み、旨み、コクすべてが力強く、それぞれ非常に高いレベルにありながら決して突出することもなく調和し、滑らかとも思わせる口当たり。ほのかに残る後口のキレのよさ。まさに”繁桝”の醍醐味です。
追伸:封を開けて一週間ほどすると、よい意味で香り、酸味がすこし前に出てきたようで一段と美味しくなった…と思いまもなく空いてしまった。

【大分県のT.F様のご感想】
   阿波屋タカヒロ様「★★★」という事で、迷わずオーダー^^
 ここのところ、あることがきっかけで、大分県産酒の代表蔵「利き酒(日本酒)」をスタート。過去分を含めると5蔵である。
 某デパートが「胸を張ってオススメ」する「県産酒」、それぞれに特徴が出ていて面白いのだが、何せバイヤーや担当者に知識がない。これは、「デパート」という部署異動が激しい企業の宿命ともいえるが、何よりも足りないのは、「県産酒」を含めた、お酒全般に関する知識のなさである。飲んでないから、感想も言えない、研究していないから答えられない。通常の酒屋さんなら許されないというより、「存亡の危機」とまで言えるかもしれない重要なことに関して、無関心とは・・・、(これ以上は言うまい)。
 前座はこの辺で、真打
「繁桝 中汲み 純米大吟醸 生々」様の御成りでございます。
「ん〜、いつもの事ながら贅沢^^、気品」を感じまする。
「私を味あわずして、何を語るか!」と、「瓶」様が申し上げております。
「パーフェクト」と言っていい風情、佇まい、デザイン。自信というより、伝統に裏打ちされた存在感が私に迫っています。
「かなり、きますね〜、吟醸香」が。
 「生々」とはよく名付けたもので、その「生々しさが」、まず一番最初に伝わってきます。そして、これは過去の繁桝では感じたことのない香り。「贅沢な香り」という言い方がピッタリなんでしょうが、活魚を買う時に感じる、あの「生きている新鮮さ」に加え、収穫時を迎えた葡萄園の実や木の香り、つまり「葡萄の木・森林浴」に浸っている感じです。酒温度が上昇するにつれ香りは変化していきますが、表現が難しいです、いささか失礼な表現かもしれませんが、シロップ漬けのチェリーと葡萄の香りを足して、2で割ったような感じです^^;しかし、さほど甘さを漂わせているわけでもなく、ブーケでは、むしろ、割とシャープなアルコール感が先に立っているでしょうか。
 「何ですか!このとろけるような甘さは!!」。あれですね。女王様の佇まいというか、高貴な方ゆえに、それを表に出さず、拝謁する我々を「慈悲深く」、しかし、緊張させることもなく、その「一杯」をカクテルグラスで賜っているイメージですね。
 正に、蔵で搾りたてを御蔵様で飲んでいるような(実際には飲んだ事はありません^^;)、体中が「活性化」されるお酒と言っていいでしょう。この大吟醸の酒粕を頂いている私は、主治医が「Fさん、いいねぇ〜、血管年齢も若いし、どこも異常はない」と言われるほどの酒粕効果を「数値」で証明致しております。
 最近は、その私を見て「酒粕」の発注量が急に増えておりますが、看護師さんも顔の色艶を見て、速攻で注文した「酒粕」様でございますので、その素(もと)を頂いている効果は測り知れない物があるのではないのでしょうか?
「酒は百薬の長です(が、飲み過ぎ注意です)」。
やはり、最後に残る印象、それは、ズバリ「水水しさです!」。

・720ml(1,890円)(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml(3,883円)(8%税込)を(クール便指定) 
   お支払方法   送料  ギフト使用(箱入り)に


日本酒
繁桝「中汲み」大吟醸生々
 720ml・・・1,679円     1800ml・・・3,359円(8%税込)
 数量限定品

 在庫:有り

◆お酒の搾りは3段階です。
1「あらばしり」→2「中汲み」→3「責め」
★これは最も美味しい部分の「中汲み」です。★
■蔵元:「繁桝」高橋商店(福岡県)
■原料米:山田錦(福岡県糸島産)  ■精米歩合:50%
■日本酒度:+3.5  ■アルコール分:17.5%


 蔵元の田代部長です。当店にて、同時期に発売された繁桝の大吟醸生々シリーズを飲み比べしました。

 この「中汲み・大吟醸生々」は、一番価格も高い設定となっておりますが、今年度の味の差は歴然としています。価格に十分見合った美味しさがあります。

 繊細で高貴な吟醸酒の香り、味わいはどこにだしてもおかしくありません。他の数千円クラスの大吟醸と飲み比べても殆どの人がこのお酒に軍配を上げると思います。

 
※酒の阿波屋の阿波タカヒロが本当に自信を持ってオススメする1本です。
 繁桝の高級酒は、全て伝統的な製法である「槽搾り(ふなしぼり)」を行っています。「槽搾り」の工程は2日間で3段階に分けられます。まずはモロミを酒袋に入れ、自重圧で搾る「荒走り」→次に押し蓋で圧力をかける「中汲み」→最後に2日目に酒袋を積み直して再び圧搾する「せめ(責め)」です。

 このお酒は、このお酒は、真ん中の「中汲み(なかくみ)」の部分を集めた生々酒。安定して香味共に最も優れた部分です。同時に価格も一番高いです。

・720ml(1,679円)(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml(3,359円)(8%税込)を(クール便指定) 
   お支払方法   送料  ギフト使用(箱入り)に



日本酒
 五橋「西都(さいと)の雫」純米吟醸しぼりたて生原酒
 720ml・・・1,674円   1800ml・・・3,348円(8%税込)    
 数量限定品
 在庫:720ml有り     1800ml無し

ここ数年めきめきと頭角を現してきた注目の蔵元。仲間杜氏の技がさえわたる。

■原料米:西都の雫、山田錦(山口県産)
■精米歩合:55% ■日本酒度:+2
■酸度:1.5
■アルコール分:17%

 トラタン村での「山田錦」の契約栽培米も本当にスゴい事になってきたようだ。ここ数年のこの五橋の酒質のレベルアップには目を見張るものがある。特にプロ(業界人)の間で評価が高い。また地元では他に少ない辛口酒ということで、定着しており、高級酒路線をひた走っている。

≪蔵元寸評≫
 山口県オリジナルの酒造好適米「西都の雫」で醸す純米吟醸酒のしぼりたて生原酒。好評をいただいている「純米吟醸 西都の雫」のしぼりたて生原酒ですから、ご期待も相当のものだと思います。ご安心下さい!期待は裏切りません。

 ≪飲んだ感想≫
 「西都の雫」が原料米。このお米で醸すととても柔らかい味わいになる。「山田錦」が男性的であるとすると、これは女性的。ソフトでジューシーな仕上がり。口当たりフレッシュでキレもいい。そして発酵で出来たガスを含んでいるためチリチリッ!と弾けます。

・720ml(1,674円)(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml(3,348円)(8%税込)を(クール便指定)
   お支払方法   送料   ギフト使用(箱入り)に


日本酒
 五橋・純米あらばしり生原酒
 720ml・・・1,566円  1800ml・・・3,132円(8%税込)
 数量限定品
 在庫:有り

 極上・山田錦からの美酒が搾れました!
■原料米:山田錦(山口県産)
■精米歩合:60%
■日本酒度:+1 ■酸度:1.5
■酵母:協会1801号、9E号
■アルコール分:17%

 ≪蔵元寸評≫
 上品な吟醸香がほのかに香り、搾りたてながら柔らかさと米の旨味もある味わいです。山口県産米100%使用。

 ≪飲んだ感想≫
 「山田錦」らしいエレガントでシャープなアタック。程良い吟醸香で味わいは端麗。とても上品な味わいで、魚料理など日本料理にピッタリ合う。お食事の名脇役となる美酒。

 はじめは醗酵に由来する炭酸ガスが含まれており、ピチピチとフレッシュでしたが、開栓後、数日後の変化にはおどきました。まるで赤ワインが開栓後時間が経ってから開くかのごとく、この五橋も華開いて、フルーティーな吟醸香のボリューム感に包まれます。素晴らしい。
【大分県のT.F様のご感想】
  私は、開栓後の感想を書いて「阿波屋」さんに送ったことがありません。それを前提に読んで頂ければ幸いです。
「おぉ〜素晴らしい^^」。酒の「華」が見事に咲いていますね。香りは・・・、数口飲んでみないと表現できません。むつかしいですね、言葉にするのが。
 この前、ぶどうの王様と呼ばれる「ブラックオリンピア」というぶどうを食べました。巨峰系ですが、すごく栽培するのが難しいぶどうです。やはりマスカット<黒ぶどう系の香りです。プラスして、グレープフルーツ系の香りでしょうか。
 9ヶ月貯蔵したお酒なので、たぶん「熟成感」が伴った香りになっていると思います。 
「あらばしり」を貯蔵するのは面白いですよ。「木桶」になる前の「Z(五)」シリーズみたいになります。
 さてさて、お味の感想は・・・、アルコール度数が18度未満と高いので、「インパクト」があります。「原料米」に由来するものでしょうか?甘いです。それなりの日本のお酒とワインのテイスティングをしてきた私ですが、本当に味の表現ができないのです。まずは「飲んでみてください」と、言いたいところですが、まぁ、蔵元に存在しているくらいでしょうから、入手困難ですよね・・・^^;
 思いつきました。「オレンジマーマーレード」をベースに日本酒カクテルを造ったら、こうなるのではないかと・・・。それもブラッド系ですね。
 いつものように長くなるといけませんので、今日はここで。

【大分県のT.F様のご感想】
   刷りガラス仕様のボトルに白いラベル、そこに書家が書いた様な「五橋」の二文字。いやぁ〜、デザインが素晴らしい!実にすがすがしい^^(勿論お酒も) 「あらばしり」だけあって、ワイングラスに注いだ後の「泡の残り時間」が長い!
 さて、お香りはぁ〜?
 「ん?これ五橋?」、もしかして酵母が違う?でもぉ〜・・・。トラタン村産山田錦だとこういう香りになるのかなぁ〜??
 従来のピンクグレープフルーツの華が咲いたような香りじゃなくて、それを「ぐっと大人にしたというか・・・」、でも「あらばしり」ですよねぇ〜。
 どちらかというと、ワインで使われる黒(赤紫)系ブドウの香りで、人に例えるなら「大人の女性」(やや控えめな性格)の風格。そして特筆すべきは、アルコール感を全くと言っていいほど感じさせない。結構高い度数なのですが。
 では、24BYの一口目を。香りに反して、舌で感じるお酒の感覚は「あらばしり」。味は甘さ控えめなおいしいブドウの味がして、次にイチゴ(あまおう)のような味もあります。そしてフィニッシュは「山田錦」のお米の味なのでしょうが、要は、「日本酒」を飲んでいる感覚がないのですよ。
 五橋は、「Z(five)」シリーズやレアモノ系も頂いて来ましたが、その結果なのか、ある領域を越して(辿り着いて)、そこにまた何かがプラスされて・・・。
 「あらばしり」なのに優しいお酒です。今回ばかりは、決定的な言葉(イメージ)で表現できませんね。飲み進んで、酒温があがると、従来のような感じにはなってきますが、第一印象のインパクトは凄いですね。この時点で「空気清浄機君」が作動開始。こんな事も過去にはありませんでしたね。
 でも、まとめましょう。一言、「旨い」です^^v今年一年楽しみですねぇ〜(ハードルをあげるなって^^;)。無垢の酒、「楽しみ」にしています^^(プレッシャー!?)


【神奈川県の徳永様のご感想】
 第一印象はさりげない存在感、旨み酸味かすかな甘みをきちんとまとめて当たりは柔らか。しかし奥に秘めた力、きりりとした心意気を自然に放っている粋な壮年の男といった風情。まさに”エレガントでシャープなアタック”。これはひとつ自分もあやかりたいもの、などと調子に乗ってこのペースでは”この五橋も華開いて”なんて閑もなしってことになりそう。ようやく残した、取って置きの一献、あたりがなめらかで柔らかくなり、甘みがふわっと膨らんできた。香りはさらにシャープになった。一皮むけた良い男、本当に本当に、自分もこうありたいものだ。

・720ml(1,566円)(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml(3,132円)(8%税込)を(クール便指定)
   お支払方法   送料   ギフト使用(箱入り)に

一昨年、そして昨年と大人気で即完売でした。
新入荷いたしました!(^O^)/

数量限定です。お早めにどうぞ!
 酒米(酒造好適米)は、一般の食米に比べると粒が大きくて心白(しんぱく)と呼ばれている中心の白い部分の発現率が高く、また大きいです。そのため、麹造り→酒造りに適しています。また、タンパク質も少ないため、食味は劣ると言われています。

 さて・・・ということですが、私も蔵元ではそのように説明を頂いておりますが、では実際に食べてみてから。「百聞は一見にしかず」ということで、炊飯器で普通に炊いてみました。普通に難無く炊けました。

・・・・・・・では!頂きます。(^v^)

珍しいお米(酒米)
 酒米・山田錦(山口県産)
 450g・・・864円(8%税込)
 在庫:有り

※精米歩合は食米とほぼ同様のおよそ90%位となっております。

酒米の王様「山田錦」です。

真ん中の白い部分が心白(しんぱく)です。
食米では、あまり存在しません。

日本酒ファンにはたまらない経験・体験です。

炊けました。普通に簡単に炊けました。

炊きたては食米同様にとっても美味しいです。
せっかくなので、よく味わって食べてみて下さい。(^O^)/

日本酒の興味のある方はもちろん、日本酒バーや飲食店様で
酒米オニギリなんてメニューも面白と思います。


・450g・・・864円(8%税込)を
   お支払方法   送料



珍しいお米(酒米)
 酒米・雄町(おまち)(岡山県産)
 450g・・・864円(8%税込)
 在庫:有り

※精米歩合は食米とほぼ同様のおよそ90%位となっております。

注目の酒米「雄町」です。

真ん中の白い部分が心白(しんぱく)です。
食米では、あまり存在しません。

日本酒ファンにはたまらない経験・体験です。

炊けました。普通に簡単に炊けました。

炊きたては食米同様にとっても美味しいです。
せっかくなので、よく味わって食べてみて下さい。(^O^)/

日本酒の興味のある方はもちろん、日本酒バーや飲食店様で
酒米オニギリなんてメニューも面白と思います。


・450g・・・864円(8%税込)を
   お支払方法   送料


日本酒
 繁桝・特別純米生々(クラシックラベル)
 720ml・・・1,129円     1800ml・・・2,257円(8%税込)
 数量限定品

 在庫:有り
    フレッシュかつ豊かな味わいです。

■蔵元:「繁桝」高橋商店(福岡県)
■原料米:夢一献(福岡県糸島産) ■精米歩合:60%
■日本酒度:+1  ■酸度:1.6
■アルコール分:16.5%

 繁桝のベースとなるスタンダードな純米酒の生バージョン。素朴な旨さにフレッシュで活き活きとしたアクセントが合わさった。

≪飲んだ感想≫
 生まれたての麹の香り。さらに新酒のすがすがしいフレッシュな香り。まったりとした飲み口で深い味わいがあります。噛み締めるほどにその旨さが増していくような酒質です。冷酒として飲むのが適していますが、お燗もイケますよ♪(^v^)
・720ml(1,129円)(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml(2,257円)(8%税込)を(クール便指定)
   お支払方法   送料  ギフト使用(箱入り)に

 
日本酒
 繁桝・純米大吟醸にごり生々
 720ml・・・1,323円      1800ml・・・2,646円(8%税込)
 数量限定品

 在庫:有り

今年の「にごり」は、香り控えめでキレ良くやさしい旨味があります♪
■蔵元:「繁桝」高橋商店(福岡県)
■原料米:夢一献(福岡県糸島産)
■精米歩合:50%  ■日本酒度:−2 ■酸度:1.4
■アルコール分:16.5%

 純米大吟醸バージョンの「にごり」です。
上質なモロミの上澄みを飲んでいるようなお酒です。


≪飲んだ感想≫
 香り程よくフルーティー。
純米の米の美味しさが感じられます。
今年度のはピチピチとやさしい微炭酸が残っております。あくまでもやさしい仕上がりです。
喉ごしのキレも素晴らしい。

 オリ(にごり)の量は少な目です。

・720ml(1,323円)(8%税込)を(クール便指定)
・1800ml(2,646円)(8%税込)を(クール便指定)
   お支払方法   送料  ギフト使用(箱入り)に
≪神奈川県 徳永様のご感想≫
 上澄みを飲めば、さすが「純米大吟醸」品の良いすっきりとした飲み口と香り。おりをからめると柔らかだが厚みのある甘み旨みがふくよかに心地よく舌にのってくる。わずかな炭酸が若い女性のチャーミングな微笑みのようで、可愛い。ミス日本にはなれないかもしれないが、そばにいるだけで最高に幸せな気持ちにさせてくれる俺の娘たちのよう。
せっかくのところを下世話な話となってしまうが、数ランク上の「質と出来栄」えを、「こんなお値段」でいいのですか「繁桝」。

【大分県のT.F様のご感想・平成25年度】
  「にごり生々」様も、なにゆえこの時期の「利き酒」なんですか?と、仰せでしょう。今日で製造日から丁度2ヶ月。冷蔵庫で静かに時を待たれておりました。
 さて、私は今年、どんな感想を書けるのでしょうか!?
 まずは上澄みから頂戴致します。
 毎日「大吟醸の酒粕様」を頂いている私ですが、少々趣が異なります。
「引き込まれるんですねぇ〜、繁桝ワールド」に。「お米の香り」、「花が出すフェロモン」、それらと一体化したアルコール感。これが上立ち香。ワイングラスを振っても変化はありません。
 何が他のお酒と違うのか?
 それは、「贅沢さ」を感じるという事でしょうか。とてもいい香りですねぇ〜。この香りを「男性用の香水」にできたら、女性が思わず「クンクン(わんっ!)」しにくるでしょうねぇ。というより、通り過ぎた瞬間に「あれっ!」と、女性が立ち止まると申し上げたほうが正解でしょうか。
 では、お口に含ませて頂きます。この「ピチピチ感」スゴイですねぇ〜。はい、やや甘辛のシャンパンです。そのお味を確認するために、何度も上澄みのテイスティングを繰り返しております。スッキリしてキレがいいんです。これ、お米の甘みなんでしょうね。カクテルグラスを用意すべきでしたね。
 では、底に少し沈んだ「オリ」と混ぜ混ぜさせて頂きます。
 薄い乳白色にお色直しをした「にごり生々」様が登場しました。香り、変化してますね。「落ち着いております」。でも、経験を積んだ男性ではありません。若いのに「バリバリ」できる、そんな好青年のイメージです。
 口説かずして、口説かれている。私もそんな男になりたいですね^^
 にごり酒も御蔵様で様々ではございますが、「繁桝」様の放つ1本。女性になって、「ハマってみたい」です^^
 気が付けば、お酒の量が半分以下に^^;「ハマった」のは、私自身でした^^;
 贈答用に、「あの人」に贈ってあげたい^^

【大分県のT.F様のご感想】
 ワイングラスではないが、透明の取って付きのコーヒーカップのような耐熱グラスに注いでみた。色合いが何とも言えない。本物のレモン果汁でレモンスカッシュを作ったような色。この時点で香りは漂ってこない。
 鼻を近づけてみる。香りを何に例えたらいいだろう?お米の香りに何かの香りがプラスされている感じで、「何の果実系」と、うまく表現できない。気品漂う吟醸香はあるものの、アルコール感もなく、やさしい甘さなんだうな?って想像させられる。
 飲んで見ると、ある意味うまく香りにマッチしているというか、これに炭酸を足せばレモンスカッシュだろうな・・・って考えて飲んでいると・・・、急にぐっと来る。口当たりはいいが、「お酒」を頂いている事を、「きっちり」感じさせてくれる。
 最近のお酒は、味そのものが、食生活の変化か、時代の流れか、変わってきている。そんな中で、従来の良さを残しながらも、新しい試みに取り組んでいるだろうな?と、思わせてくれる「お酒」である。
 まだ、お正月用に取っておいた縁起物の「酒粕焼酎」を頂いてないので、蔵元の味筋を確認するのが楽しみである。
 焼きおにぎりに、ミニオムレツと一緒に飲んでいたら、1本あけそうになった。「アブナイ^^」それ位、口当たりのいいお酒ですよ^^


日本酒
 雨後の月「八反錦(はったんにしき)」純米大吟醸
 720ml・・・2,160円     1800ml・・・4,320円(8%税込)
 数量限定品
 在庫:720ml無し       1800ml有り

★歴史ある広島の酒造好適米「八反錦」で魅せる「雨後の月」
■蔵元:「雨後の月」相原酒造(広島県呉市)
■アルコール分:16%
■原料米:八反錦(広島県産) ■精米歩合:45%
■日本酒度:+3 ■酸度:1.5
■酵母:協会9号

 広島県の歴史ある酒造好適米「八反錦」です。もはやこのお米は雨後の月ではスペシャリスト的な造りを発揮すると言っても過言ではないでしょう。「俺にまかせろ!」って感じですね!

≪阿波タカヒロの飲んだ感想≫
 栓をカリッ!と切った瞬間から、ひじょうにエレガントな香りが漂ってきました。・・・むむむ。これはタダモノではないな。華のある、果実に例えれば何だろう・・・洋ナシ?マスカットかな。素晴らしい香りだ。

 味わいは、軽快ではあるが適度に旨味がのって、バランスもよくまとまっている。寿司を食べながら飲んだ。まさにベストマッチングだった。 こちらもキリリと冷やしてワイングラスで楽しみたい。
【神奈川県の徳永様のご感想】
 すっきりとさりげなく澄み切った香り、混じりけのない清水のような口当たり、さらりと切れる後口。ところがどうしてよくよく味わいを確かめていくと、奥に秘めたしっかりとしたコク、酸が、中途半端な甘みを探す自分などはずかしくなるような懐の深さを感じさせる。まさに表向きは飄々としていながら人生の酸いも甘いも知り尽くした通人のよう。叶ことならばこの域に至るとすれば、さてさて20年以上先なのかもしれない。


【大分県のT.F様のご感想】
 ラベルの、白い三日月に囲まれるように、メタリック・レッドで書かれた「雨後の月」。「何かが起きる」予感がする。
 さすが純米大吟醸である、「吟醸香がはじけたように舞い、注いだ瞬間に僅かながらも「泡」が残るという事は、それだけ、新酒として「ピチピチ」しているのであろうか?
「柔らかい」というより、「きめ細かい」と表現したほうがいい「立ち香」。奥深いと言うより、底から水の湧く、とても深い透明な湖の中心に自分が立っているかのような錯覚。
 削り込んだお米の香りプラスオレンジ系の薄い香り、そしてマスカット系がミックスされたような高級感たっぷりの香り。
 ワイングラスをよく振ると、さらにその香りは増し、ワインのテイスティングで使われるアロマではなく、鼻から脳へと直接作用し、思考回路から心身全体を癒してくれるかのような香りの変化となる。
 最近のクリニックは、医院らしからぬ工夫(特に心療内科)がされており、香りであるアロマ、そしてヒーリング系の音楽が流され、診察待ちの時間から心が癒されるように、患者への、先生の気遣いがされている。
 このお酒は、正にその典型とでも言うべき「爽快感」と、深呼吸をした時の心の落ち着き(開放感)を感じさせる。
 舌を、ゆっくりと波打ちながらも滑るように(なめらかに)喉へと通されていく感覚は、秋の渓谷の澄みきった流水、或いは屋久島の木々の下を通り川へとなっていく、天然水のような味わいである。
 後味は、究極なまでにスッキリしており、芳醇な甘さをどこまで柔らかく表現できるか!に挑戦しているかのような杜氏の業(わざ)が冴えている。
 この一年間以上、様々な蔵元の、様々な種類のお酒を頂いてきた。
 昨日、ある蔵元の杜氏に、あまりの感動でメールした時に、すぐに返って来た言葉。
「清酒は嗜好品です、気に入った酒をたまには「○○」を思い出して飲んでいただければ幸いです。」杜氏のお人柄がにじみ出ている。
 本当に「蔵」によって味筋が全く違い、その違いを「心から感じさせてくれるお酒」。
 いいお酒を頂いたあとの感じ方は全部違うが、ここまでの透明感で「心を洗ってくれる」お酒との出会いは、一生に何度あるか!という程である。
 酒は人が造るもの。だから、十人十色、「蔵」によって味が違う。蔵元の方々と接していると、とても柔らかく、しかし、職人気質はしっかりと刷り込まれ、お酒への深い愛情と、飽くなき探究心がある。
 時代の流れで、「味の好み」も変化するが、「いいものはいい!」。いつまでも残って行くのである。

・720ml・・・2,160円(8%税込)を
(限定極少量入荷に付き、お一人様3本まで)
・1800ml・・・4,320円(8%税込)を
(限定極少量入荷に付き、お一人様3本まで)
   お支払方法   送料   ギフト使用(箱入り)に


日本酒
■ 五橋「Z ファイブ・オレンジ」純米吟醸・一回火入れ
 720ml・・・1,836円   1800ml・・・3,672円(8%税込)
 数量超限定品
 在庫:有り

※この木桶で五橋Zシリーズは醸されます。

≪五橋の蔵元にある木桶≫
木桶の木の肌は、もちろんステンレスタンクの様に平たんではなく、複雑に入り組んでいます。そのため、一般のステンレスタンクに比べると、発酵時には、酵母の活動がより活発になります。


本物の生粋の木桶を復活させて仕込んだお酒です。
現在、日本国内では木桶を製造する業者は1社しかありません。
貴重な木桶です。

 五橋の噂の秘密のお酒です。
めったにお目にかかれないお酒です。

超限定商品で極限られた店舗にしか卸されておりません。


■蔵元:酒井酒造(山口県岩国市)
■原料米:山田錦(山口県産)
■精米歩合:55%
■酵母:協会701号
■日本酒度:±0
■酸度:1.7
■アルコール分:15%

 今回のZオレンジは、他のファイブと同様に「きもと」での登場になります。ひと夏寝かせた一回火入れの生詰めタイプ(瓶貯蔵)。
味わいの成分がよく溶け合った香味のバランスが絶妙な味わいに「きもと」「木桶仕込み」のやわらかさがさらにプラスされています。

≪蔵元寸評≫
 木桶で仕込みをする五fiveシリーズ。

 火入れの目的は、お酒の安全かつ健全な熟成にあります。ある種の乳酸菌による酒が酸っぱくなる現象(火落ち)を防ぎ、活性酵素を失活させて急激な香味の変化を抑えるのです。その火入れを一回だけ、どのタイミングで行うか。蔵人にとって悩ましい問題です。

 ところで、火入れ後さらに氷点下貯蔵することでお酒は超長期熟成モードへシフトします。そんなお酒をいつ飲むのか。皆様にとっては悩ましい問題となるでしょう。そんなお酒です。
【大分県のT.F様のご感想】
  さぁ、ワイングラスに注いだお酒の泡がいつ消えるか!なかなか消えません。でも、その泡が「プチン」と弾けていく様はとてもロマンティックでキレイです◎
 香りは?「う〜〜〜ん。これもいつもの五橋とは違う」。上品で可憐で、難しいです。表現が^^;本当に、強いて例えるなら柑橘系、それもレモン。そこにオレンジやぶどうの香りも。「ドキドキ」しますね。口に含む瞬間が^^
 米の味はしますが、オレンジバニラ・アイス味?甘いんですよ。僕は舌が敏感なので、少しの甘さでも甘く感じます。でも、デザートワインほどには、当然のことながら甘くないですよ。
 何なんでしょうね。お酒が体に入った時のこの「落ち着き感」は?他の食物に例えるなら、バターたっぷりでもちもちの「高級食パン」を出来立てで食べている感じです。
 まだ、朝ごはんも食べていません。だからこそ、神経が研ぎ澄まされ、余計なものが胃に入ってないのでそう感じるのかも知れません。赤ワインのオリの混ざった部分を飲んでいる時の感覚もありますね。
 まだ、酒の華は咲いていないので、開花するまで待ちましょう。完全にひとひねり、ふたひねりされて仕込まれたお酒ですね^^v

・720ml(1,836円)(8%税込)を≪クール便指定≫
・1800ml(3,672円)(8%税込)を≪クール便指定≫
   お支払方法   送料   ギフト使用(箱入り)に


日本酒
 山の壽(やまのことぶき)「THE KAN」純米酒・山田錦・燗上がり
 720ml・・・1,447円      1800ml・・・2,894円(8%税込)
 数量限定品
■ 在庫:有り

新生「山の壽」から・・・素敵なラベルデザイン。ほっこりお燗酒。


■蔵元:山の壽酒造(福岡県)
■原料米:山田錦(福岡県産)
■精米歩合:65%
■アルコール分:15%

≪蔵元寸評≫
28BYのチャレンジタンクによる醸造試験酒で、今までの山の壽とは違うテイストを感じて頂けると思います。
全量福岡県糸島産山田錦使用です。

これからの季節にちょっと温めてお飲み頂くと愉しい酒質です。

≪飲んだ感想≫
幅と厚みのある豊かな味わい。酸味のバランスもよく取れています。お燗にすると本当にほっこりした丸さのある感触になります。
お燗酒としてネーミングされていますが、ガス感が残っていて、実は冷酒としても美味しかったです。

様々なお食事にも合います。お鍋や肉じゃがなどトータル的に和食に合いそうです。

・720ml(1,447円)を
・1800ml(2,894円)を
   お支払方法   送料  ギフト使用(箱入り)に



焼 酎
 くじらのボトル「新焼酎」芋焼酎
 720ml・・・1,312円    1800ml・・・2,244円(8%税込)
 数量限定品
 在庫:有り

≪通称:縦くじら≫
■蔵元:大海酒造(鹿児島県鹿屋市)
■アルコール25%

 出来立て(蒸留したて)ホヤホヤでビン詰めされた「くじらのボトル」。焼酎ヌーボーとも言われております。従来の落ち着いた味わいをもつ「くじらのボトル」とはひと味違ったフレッシュな味わいが持ち味です。

 軽快さを楽しむためにロックをオススメしますが、もちろんお湯割りでも美味しくいただけます。

「くじら新焼酎」
アルコール度 米の酒類 芋の酒類 蒸留方法 備考
25% 白麹 コシヒカリ コガネセンガン 常圧蒸留 通常発酵
《くじらのボトル新焼酎》
 昨年2003年がこの商品の初リリース。今回で15年目になります。今しか味わえない出来立ての芋焼酎くじらを味わってもらおうと生まれた商品です。

・720ml・・・1,312円(8%税込)を(お一人様6本まで)
・1800ml・・・2,244円(8%税込)を(お一人様6本まで)
   お支払方法   送料  ギフト使用(箱入り)に


焼 酎
脱藩黒蝶(だっぱんくろあげは)「忠義」・全麹仕込み麦焼酎
 720ml・・・1,362円  1800ml・・・2,700円(8%税込)
在庫:有り

「脱藩黒蝶統(くろあげは)の会」

全国の本格焼酎をこよなく愛す厳選された酒販店で構成され、革新的な焼酎文化の啓蒙を行うグループの会であります。

会名称の意味・・・
「Dappan(脱藩)」のは、あらゆる垣根を越え何か新しいビジョン(時代)を成す意匠の表れを示し、「黒」は何にも染まらない公平で自由な色と捉え「アゲハ」は優雅で親しみ易く、魅了されることから、本会がそのように成していくことを願い名称としています。


★★★★★ 黒蝶統会のハイレベルなレギューラー麦焼酎の誕生です ★★★★★
■蔵元:藤居酒造(大分県)
■麹:黒麹
■蒸留方法:常圧蒸留
■アルコール25%

 原料に厳選した国産大麦を使って、全麹仕込みを行いました。当麦焼酎は、エイジングを重ねることで、香気成分が際立つ性質があり、長期貯蔵によって、全麹本来の力強い味わいが深くまろやかに変化するとともに、甘みのある芳醇な香りが立ちあがるプレミアムな逸品です。

 時間だけが作りだすことができる、麦焼酎のエイジングの真価をご堪能下さい。

≪蔵元「藤居酒造」とは・・・≫
創業140年。風光明美な地である大分県臼杵市野津町で、歴史を重ねてきた蔵です。
「風光り水澄む里の酒蔵」を目指し「和醸良酒」の心で酒造りに取り組んでいます。
 山中深くの洞窟貯蔵庫や、久保ん谷湧水を用いた造りといった、当社独自の設備や製法が自慢です。

※オススメの飲み方
■お湯割り・・・温めることで甘みと奥行きを楽しめます。
■ロック・・・氷が溶けていく中での味わいの変化を楽しめます。
■水割り・・・じわりと旨味が広がります。

・720ml(1,362円)(8%税込)を
・1800ml(2,700円)(8%税込)を
   お支払方法    送料  ギフト使用(箱入り)に


日本酒
■ 五橋「馨嘉(けいか)」生もと(きもと)純米大吟醸
 720ml・・・1,620円     1800ml・・・3,240円(8%税込)
 数量超限定品
 在庫:有り
五橋の秘密のお酒です。
超限定商品です。

■蔵元:酒井酒造(山口県岩国市)
■原料米:山田錦(麹米)、山田錦(掛米)
(オール山口県産)
■精米歩合:50%
■酵母:協会901号
■日本酒度:+2
■酸度:1.7
■アルコール分:15%

 五橋の製造部のナンバーツー・森重副杜氏肝いりの一本です!森重副杜氏の人柄が表れたかのような穏やかでまろやか。シルクの様な舌触りが素晴らしい。そして調和となる香りを備えた日本酒です。

≪蔵元寸評≫
口当たり軽快にしてなめらか。馥郁たる芳しい馨りの中に感じられる円やかな米の旨味を、適度な酸が引き締めて嘉し。
・720ml(1,620円)(8%税込)を
・1800ml(3,240円)(8%税込)を
   お支払方法   送料   ギフト使用(箱入り)に


焼 酎
 清く正しく美味しく・米焼酎古酒(13年貯蔵もの)
 720ml・・・1,944円(8%税込)
■ 数量限定品(2400本)

 在庫:有り


■蔵元:杜の蔵(福岡県久留米市)
■原料米:山田錦(福岡県産)
■蒸留方法:減圧蒸留
■貯蔵年数:13年以上
■アルコール25%

 純米吟醸酒を醸すように丁寧に仕上げられた贅沢な米焼酎。黄麹・吟醸酵母ならではのほのかな甘い香り、穏やかさの中に山田錦らしいふくよかな柔らかさを感じる味わいが特徴。

 ≪飲み方のすすめ≫
すっきり&なめらかに楽しむためにロック・水割りがオススメ。また、柔らかな旨味を味わえるお湯割りもお楽しみください。

 ≪ネーミングの由来≫
かの有名な沢庵和尚の名言「一事をなさんとしたら本心一途にしたほうが良い。」になぞらえて、「美味しい酒一滴を造りだすには、酒造り一途にただひたすら精魂込めるのみ」と考え、故にその迷いなき一途な精神を宿すには、何より日々、清く正しく己を律し、倹約に努め、鍛錬(そのための日々の努力を惜しまず)を積み重ねる者(酒造り)こそが、その美味い一滴を造り出せるものと考えるならば、まさしく本商品はその最たる一滴と捉えられることからネーミングに至りました。

・720ml(1,944円)(8%税込)を
        お支払方法  送料  ギフト使用(箱入りに)


酒の阿波屋
トップページ
新入荷商品
特設コーナー

焼酎リスト

日本酒リスト

梅酒リスト

国産ウイスキー&
ワインリスト

酒器リスト
&グッズ
実店舗
会社概要
飲料水リスト 飲食店様へ
無料でメニュー
作成いたします
お支払方法

送 料
メルマガ

蔵元訪問記
樽 酒 発送した商品
の追跡情報

銘酒館(有)酒の阿波屋  福岡県北九州市門司区清見2丁目16-27
あなたのかかりつけの
酒屋になりたい!
TEL注文(お電話でもOK)
093-321-3221
質問だけでもお気軽に。
営業時間11:00〜22:00
(電話受付11:00〜19:00)
月曜と第2日曜定休
FAX注文OK
093-332-3009
FAX専用の注文用紙
24時間OK
メールアドレス
 (メール注文OK)

 info@sakenoawaya.co.jp 

お問い合わせはinfo@sakenoawaya.co.jpまでどうぞ